トップ

お中元に高級食材

お中元で高級食材を贈ろう

お中元で高級食材を贈る時は

お世話になった方へ贈り物をする日本の慣習、お中元。その起源はどこにあるのでしょう。お中元の「中元」は中国の道教の祭日に由来しています。道教には三元といって年に3回の祭日があり、それぞれに上元、中元、下元といいますが、中元は旧暦の7月15日に行われていました。

同じく中国には、盂蘭盆会(うらぼんえ)といって先祖をおまつりする行事があり、やはり7月15日に行われており、二つの行事は一体化していました。

一方、日本に仏教が伝来すると盂蘭盆会の行事が広まり、江戸時代になると「盆礼」といって親族や知人を訪ね、互いにお供え物をしたり、贈り物をする風習ができたのだそうです。これがお中元のはじまりで、その名は道教の「中元」に由来しているのです。

現代では、親族だけでなくお世話になった方へ、年頭から半年間お世話になりました。という気持ちを込めて、または夏のごあいさつとして贈り物をする方が多いと思います。お贈りする品物は水ようかんやビール、おそうめんなど、季節感のある涼しげなものが定場ですが、時には趣向を凝らして高級食材などを贈ってみるのはいかがでしょうか?もしお中元用に高級食材をお探しならどうぞこちらを読んでみてくださいね。

お中元とともにお歳暮も古くからの日本の慣習ですが、お中元との違いは贈る時期です。お歳暮の方は、読んで字の如く年の暮れに贈るものです。お歳暮は年の暮れに、お正月の支度をする前に贈るもので、昔はお餅やお酒、数の子、昆布など日持ちがするお正月の必需品が贈られていたようです。

こちらも、現代では様変わりして、定番のビールや洋菓子、趣向を凝らしてこだわりの一品を贈るという方が多いようです。