トップ

開店祝いに贈る高級食材

友人や家族、普段お世話になっている取引先が新しくお店を出したら、開店祝いを贈ってあげると、とても喜ばれます。準備に追われた日々のねぎらいにも、これからの応援にもなります。身近にそういう人がいるのなら開店祝いを贈ってみてはいかがでしょうか。

「開店祝い」と言えば胡蝶蘭などのお花が思い浮かびますが、高級食材を贈るのも喜ばれそうです。確かに胡蝶蘭は見映えが良く、最大で3ヶ月ほど花が持ちますが、一方で水やりなどの手間がかかる上に場所を取るというデメリットがあります。飲食店によっては臭いや花粉が気になる業種もあるので贈る際は注意が必要です。

他のものを贈るにしても、一方的な押しつけにならないようにしましょう。例えば高級食材なら好き嫌いは必ず確認しておきたいところです。従業員もいるなら賞味期限が長く、個包装になって気軽につまめるものが喜ばれます。ブーケ状のお菓子なら飾り終わった後に食べられるので一石二鳥です。

お酒は飲んで楽しむだけでなく、銘柄によっては縁起物にもなります。飲食店に贈るならそのままお客にも提供できるので開店祝い向けと言えます。ただし、飲食店以外でお酒の苦手な人に贈るのは却って迷惑になるでしょう。

その点ではインテリアや家電など形として残るものも、好みに合わなかったり、他の人の贈り物と重複したりする可能性があります。現金や商品券、カタログギフトは実用的である反面、自分から遠い関係になるほど失礼に思われるかもしれません。特にリクエストが無ければ高級食材やお酒、お花のような「消えもの」の方が無難です。

開店祝いで絶対にNGなのがライターや灰皿など「火」を連想させるものです。特に「キャンドル」は抵抗なく選んでしまいがちなので気をつけましょう。また「赤いもの」も火だけでなく「赤字」を連想させます。商売では「縁起」を大切にするので配慮が必要です。

Copyright © 開店祝いに高級食材を. All rights reserved.